バツイチ子持ちだけど彼氏が出来た体験談

短大卒業後、父親のコネで何の苦労もなく企業に就職しました。
3流の短大卒ですぐに正社員になれるなんて、奇跡ですよね?
その会社で知り合った3歳年上の男性と、就職してすぐに恋愛しました。

僅か1年で寿退職。
結婚してすぐに1人目の娘が生まれました。
人から見れば、何不自由のない生活が出来る幸せな奥さん。
でも心の中は違いました。

亭主関白で、なんでも自分一人で勝手にきめてしまう夫の性格は、一緒に暮らすうちどんどんエスカレートしていきました。
おかねの使い方も荒くて、その割には私にはギリギリの生活費しかくれない。

子供の面倒は見ない、夜遊びが激しい…。
不満を挙げればきりがありませんでした。
子供の為にこの人と一緒にいる方がいいのか?
はじめはそう思っていました。

でも、本当にそうでしょうか?
離婚しないほうがいいと思い込んでいるのは結局は自分が決断できないだけ。
子供を理由にして無理のある生活を続けることほど、不幸なことはありません。

こう考えて、娘が6歳の時にとうとう離婚を決意しました。
まずは私は娘と実家に戻って、別居しながら離婚に向けての話し合いを進めました。

面倒をあまり見ていなかったとはいえ、やはり娘と離れ離れになるのは辛かったようです。
でもそれも全て、自分でまいた種。
私にはそんな旦那に情けをかける余裕なんてありませんでした。

これからどうしよう。
何時までも親に頼っていていいのか?
ほとんど社会人経験がないバツイチ子持ちでも正社員の仕事が見つかるのか?

毎日が不安の連続でした。
就職活動に疲れた時は、ネットサーフィンして気分転換。
別れた主人とも数年間セックスはしていなかったので、ついつい出会い系サイトやエロサイトを見てしまう自分がいました。

バツイチ子持ちでも、やっぱり女は女。
男性に甘えたい日だってあります。
それにもう離婚が成立しているんだから、誰にも気兼ねなくセックスしていいはずです。

早速出会い系サイトで知り合った男性とメールと電話で仲良くなって、デートすることになりました。
彼は子供はいませんが、私と同じようにバツイチでした。

奥さんも彼も忙しい仕事をしていて、すれ違いが大きくなって離婚したとのこと。
お互いに一回結婚に失敗しているからこそ、気持ちが分かり会えました。

5歳も年下の男性でしたが、意外とジェネレーションギャップもなくスムーズに交際がスタート。
さすがに両親や娘には出会い系サイトで知り合ったとは言えませんでしたが、家に連れていたっ時にはごく自然にみんなと溶け込んでくれて安心しました。

今では毎日うちに来て、一緒に食事をしています。
娘も彼になついていて、「お兄ちゃんがお父さんだったらいいのに!」と言い出しました。

父も母も、彼のことを頼りにしています。

離婚した時は不幸のどん底でしたが、出会い系サイトでこんなにもいい出会いがあるとは…。