過激なライブチャットサイトはどういうサイトか?

ライブチャットサイトは現在100以上もあるという風に言われていますが、その中でも安全でかつ過激なサイトであれば男性としては喜ぶのではないでしょうか。実際にそういうサイトは存在するのか気になるところです。

国内にサーバーがあるサイトは局部を隠す必要がある

こういうサイトの中には国内にサーバーがある会社と海外にサーバーがある会社の2通りがあります。国内にサーバーがある会社とは日本で撮った映像を本国に向けて配信する会社です。こういう会社の場合は局部をもろに出してはいけないという風に法律で規制されます。AVなどを見てみると局部にモザイクがかかっている通り、局部を隠さないと違法になります。

ただし、AVと違ってライブチャットは生映像が届きますので、局部を出したとしてもすぐにモザイクをかけることはできません。そのため、局部をもろに出さないようにお願いするしかありません。仮に出してしまったことが発覚した場合は運営側によって強制終了されます。

海外にサーバーがあるサイトのほうが過激な傾向がある

海外にサーバーがある場合は配信元の国の法律が適用されますので、配信元の国が日本と同等もしくはそれ以上に厳しいのであれば過激になることはありませんが、配信元の国の規制が厳しくないのであれば過激になる傾向があります。そのため、海外にサーバーがある場合は日本国内の法律が適用できないため、取り締まりが難しいという問題があります。

結果的に海外にサーバーがある場合の方が結果的に過激な傾向があります。過激なサービスを受けながらチャットを行いたいのであれば、海外にサーバーがあるサイトの方がいいかもしれません。

安全面を確かめながら利用をしたほうがいい

モロ出しが見えるようなサイトというのは日本国内にサーバーがあるサイトではありえず、海外にサーバーがあるサイトに多くなります。過激なのはいいのですが、きちんと安全なのかを確かめながら利用するようにしてください。